防犯カメラ

 

防犯カメラとは

オフィスの事務機器(OA機器)総合販売|コネクト
防犯のためだけではない防犯カメラの使い方
潜在的ニーズに応える
防犯だけではない
防犯カメラのさまざまな用途
みなさんは防犯カメラにどういうイメージがありますか?
今の時代、後から見返して証拠を取るだけではなく
色々な使い方があります。
まずは防犯!
犯罪の抑止に
繋がる
カメラを設置する事で予め犯罪を抑止することができます。カメラが設置されているだけで、空き巣などの犯人はターゲットから外す可能性が高くなりますので、十分な抑止効果を得ることができます。より効果を高める為、防犯カメラ設置済のステッカーを貼ったり、センサーライトと併用するのも良いでしょう。
万が一被害にあったとしても、録画に残す事によって犯人を探しだす大きな手がかりにもなり、証拠としても有効です。
サービス内容/
業務の向上/
トラブルの事後確認
店舗や工場などでお客さまや作業スタッフの様子を確認できます。トラブルの確認ではなく、店舗の状況であったり作業の様子を確認する事で、サービス内容や作業内容の向上に繋げる事もできますね。もちろん、トラブルが起きた時の事後確認にも使えますし、一石二鳥の役割となります。
レジなどトラブルの多い場所だけでなく、フロア全体を見渡すカメラを希望されるお客様が多く感じます。
また、高齢者の利用する施設などへの設置依頼も多くなっており、事故時に利用者さまのご家族への説明などにも使われています。
工場や
作業場での
安全確認
人の目では長時間確認できない場所でも、カメラを置けばモニター画面で確認ができます。
暗い場所には暗視機能を使い、湿気のある場所でも防水仕様のカメラを設置すれば対応可能ですね。
また、もし事故や不適合トラブルが発生した場合も、原因が何なのか、発生した状況の確認も見返す事ができます。
映像で残すことは、証拠を保全すること。
証拠があることでリスクを軽減します。
防犯カメラが特殊な場所にしか設置されていないものだったのは、もう一昔前のこと。
今では街の至る所に設置され、その役割はとても重要なものとなっています。
防犯カメラは、犯罪の抑止力になるだけでなく、犯罪が起こった時にこそ重要な役割を果たします。
録画された映像が、犯罪の決定的な証拠となることが多いからです。

当社が選ばれる理由

1
【選ばれる理由01】
お客さまの状況にあったカメラをご提案
防犯カメラの必要性は感じていても、「どのような防犯カメラを選べばいいのかわからない」という不安を抱えながら、防犯カメラを探し、選択する方がほとんどです。弊社では目的や環境をしっかりとヒヤリングいたしますので、余計なコストがかかることはありません。しっかりとお客さまのご利用用途やお悩みをヒアリングいたします。
防犯カメラ
選びの
ポイント
画質 環境 見た目
暗視 録画時間 撮影範囲  

【画質】防犯カメラの画素数で選ぶ
一昔前まで40万画素程度の画質だった防犯カメラは、現在では地デジハイビジョン放送を超える、200~1200万画素フルハイビジョンの高画質なものに進化しています。
特にAHDという方式のカメラは安定性も高く、長距離配線も可能なので、使い勝手がとても良いといえます。
防犯カメラを選ぶなら、細かいところまでクッキリ映る、200~1200万画素・AHD方式の防犯カメラがおすすめです。

【環境】防犯カメラの設置場所で選ぶ
屋外に設置する場合
屋外は、雨風・雪、真夏の高温、台風による衝撃など機器にとって非常に過酷な環境です。屋外に防犯カメラを設置する際は、防水・耐衝撃で太陽熱の影響を受けにくい反射色(白・シルバー)の物がおすすめです。
屋内に設置する場合
屋内に防犯カメラを設置する際は、カメラの見た目が非常に重要です。
あまりカメラを目立たせたくない場合はドーム型、万引きや不正などの抑止をするためには、防犯カメラの存在をアピールできるBOX型がおすすめです。

【見た目】防犯カメラの犯行抑止力で選ぶ
犯行抑止は見た目が命!
防犯カメラの設置の目的に「犯行抑止」があります。「カメラがついている」「頑丈そうだ」など、その見た目に泥棒が危険を感じることで犯行抑止力は発生します。オモチャのような防犯カメラでは犯行抑止力は生まれません。
出来るだけ頑丈そうで、大きく目立つものが犯行抑止に効果があり、夜間も目立つように、ダークカラーではなく白やシルバーの物が効果的です。

【暗視】防犯カメラの夜間の性能で選ぶ
暗い場所では赤外線照射必須!
犯罪は夜間に行われることが多く、防犯カメラは夜間の撮影ができないと効果が半減してしまいます。夜間の暗視には「高感度」という光を増幅するタイプのものと、カメラ自体が光を出す「赤外線照射」の2つがあります。 高感度タイプがある程度の光を必要とするのに対し、赤外線照射タイプは真っ暗でも撮影ができます。明るさに乏しい場所では赤外線照射タイプを選べば安心です。

【録画時間】防犯カメラの録画可能時間で選ぶ
録画時間は長い方が良い!
防犯カメラの映像をいざ再生しようと思ったら、既に見たい時間は上書きされていた、ということでは録画している意味がありません。
録画時間が短いと、ちょっと油断しただけでこのようなことが起こります。
高画質カメラを長時間録画できるH.265方式の録画装置を採用することで、1ヶ月以上の録画ができ、十分な余裕を持って再生が可能な機種もあります。

【撮影範囲】防犯カメラの画角で選ぶ
バリフォーカルレンズがおすすめ
どのくらいの角度で撮影したいのかはお客様の環境によって様々です。
カメラを付けてみたものの、映したいところが映っていなかった、では意味がありません。
バリフォーカル(可変)レンズ搭載の防犯カメラなら、設置するときに撮影範囲の広さを調整できるので、環境に最も適した画角での撮影が可能です。
2
【選ばれる理由02】
地元直接納品だから、コストが安い
通常の防犯カメラ工事
請負から工事までの業者がそれぞれいるため費用が掛かりましとなります。



当社の防犯カメラ工事
請負から工事まで1社で行うため、中間コストをカットして提供できます。また管理会社さまとの連携もとれるため安心してご利用いただけます。

3
【選ばれる理由03】
「安い」という理由だけではおすすめしません。お客さまのご要望に合わせたメーカーをご提案
お客さまの状況によって求められる性能はさまざまですが、会社を犯罪やリスクから守るために証拠保全が重要だという点は変わりません。しっかりとした品質を持つ製品を、お客さまの状況にあわせてご提案いたします。
営業時間/月-金 | 9:00-18:00
018-874-8202
お見積り0円 メールでのお問い合わせはこちら

お支払い方法

OA機器・事務機器・オフィス機器など、高い品質と品揃え、驚きの価格、またご購入後のアフターサービスで厚い信頼を得ています。
幅広いニーズにお応えし、オフィスをコンサルタントいたします

現金

納品前3営業日以内のお振込みによる支払いとなります。 高額の場合は分割払い、もしくは売掛対応が可能です。

クレジット

ビジネスフォンの購入費用と電話工事費にご利用いただけます。 リースとは異なり、所有権はお客様にありますので返品は必要ありません。

リース

リース購入は初期投資を抑え、全額損金計上できます。 リースを組める年数は大体3~7年で、基本的に中途解約はできません。

レンタル

「2週間だけ使いたい」といった短期間のご利用や、起業したての方におすすめです。

お問い合わせから設置工事までの流れ

OA機器・事務機器・オフィス機器の導入をお考えの方はコネクトにおまかせください。
電話・メール1本で最短7日の導入が可能です。出張訪問や現地調査もいたしますので安心です。

  • お問い合わせ後
    内容のヒアリング

  • 見積書・提案書など
    各種資料の提出

  • 設置日・工事日
    の確認

  • 設置工事
    完了
ここまで無料です
ご契約いただくまで一切費用は発生いたしません。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

サービス対応エリア

秋田県全域が対象エリアです。
OA機器・事務機器・オフィス機器の総合販売から設置工事まで迅速に対応します
秋田県全域をサポート
秋田市、男鹿市、潟上市、五城目町、八郎潟町、井川町、大潟村、大仙市、仙北市、仙北郡、美郷町、大館市、北秋田市、上小阿仁村、由利本荘市、にかほ市、横手市、能代市、山本郡、藤里町、三種町、八峰町、湯沢市、羽後町、東成瀬村、鹿角市、小坂町
営業時間/月-金 | 9:00-18:00
018-874-8202
お見積り0円 メールでのお問い合わせはこちら